これがLUNAサプリの真実

口コミや評判では
いろいろ言われているLUNAですが

まずは私のバストアップ成功画像を
ご覧ください。

LUNAサプリ

「これほんとに同じ人?」
「写真を編集したんじゃ・・・」

って思いますよね。わかります。
私もそうやってビフォーアフターを見てました。

でも試してみたら、
本当にバストアップ出来たんです!

「絶対バストアップするんだ」
本気の人だけ
チェックしてみて下さい。

↓ ↓ ↓


>>今だけ【初回1980円】LUNA公式サイトはこちら

【新感覚バストアップ】LUNA(ルーナ)を妊娠中に試したい人へ!

妊娠中、特に中期から後期にかけて胸がパンパンになりますよね。
「おっぱいを上げる準備が着々と進んでるんだなぁ」と感じた記憶があります。

 

でも妊娠中とはいえ、バストアップもしたい。
授乳後にしぼむのが怖いから、今のうちから対策しておきたい。

 

そう思う方も多いと思います。

 

では生理中も安心して使えると話題の“LUNA(ルーナ)”は妊娠中に使えるのでしょうか?

 

 

その答えは、「使えない」です。
飲もうと思えば飲めますが、効果がでるどころか体調を崩してしまい、もしかしたら赤ちゃんにも影響が出るかもしれません。
そんなことはしたくないと思うので、控えるのが賢明です。

 

 

なぜ生理中は使えるのに、妊娠中は使えないのでしょうか?

 

それは、女性ホルモンに大きく関わってきます。

 

女性ホルモンには、【エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン】と【プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモン】があります。

 

この黄体ホルモンが妊娠した時のために、子宮内膜をふかふかにしてくれます。
そして、もし着床(妊娠)がなかった場合、その内膜がはがれおちます。

 

それが生理です。

 

そのあとは、妊娠しやすいように卵胞ホルモンが分泌されます。
それを繰り返しているんです。

 

 

妊娠した場合は、黄体ホルモンが多量に分泌され、流産しないように分泌し続けます。

 

不妊治療などで、黄体ホルモンを病院で処方されるという話を聞いたことがありませんか?
着床しても子宮内膜がふかふかでないと流産してしまいます。
なのでそれを維持するために、足りない人は病院で出されることがあるんです。

 

妊娠時、ホルモンバランスは最高に崩れています。
そんな状態で卵胞ホルモンや黄体ホルモンを過剰摂取してしまうと、どうなるでしょうか?
子宮内膜のふかふかベッドがおかしくなってしまい、赤ちゃんの居心地が悪くなってしまうかもしれません。

 

公式ホームページにも、「妊娠中はお控えください」と書いています。
赤ちゃんのためにも、無理はしないようにしましょう。

 

 

そして、LUNA(ルーナ)を飲んで頂きたいのは、授乳後です!

 

授乳後であればホルモンバランスも妊娠前のようになるので、サプリの効果がしっかり期待できます。なにより赤ちゃんに影響を与えません。

 

今妊娠している方が飲めるようになるのは少し先ですが、きっと授乳後の胸をみて、飲まなきゃ!と思うはずです。
それだけ小さくなってしまうんですね。

 

私は授乳後に自分の胸にショックを受け、サプリに出会いました。それでも効果は歴然です。それからでも遅くないので、今は赤ちゃんのことを一番に考えましょうね!

関連ページ

話題のLUNA(ルーナ)って産後にのんで大丈夫?【ちょっと待って】
産後はバストアップに悩むママがほとんどです。LUNA(ルーナ)は産後に飲んでも大丈夫なんでしょうか?産後のママはチェックしておきましょう!